介護支援専門員の業務に従事するためには、毎年1回全国で行われる「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格した後、介護支援専門員実務研修を修了し、各都道府県の介護支援専門員資格登録簿への登録を行い、介護支援専門員証の交付を受けなければなりません。 介護支援専門員証の有効期限は5年
東京の場合
テストの実施機関
(公財)東京都福祉保健財団

2017年09月13日

【ケアマネ試験難易度は?】2017年試験が10月8日と迫って、効率よく

2017年のケアマネ試験「介護支援専門員実務研修受講試験」の
試験日が10月8日と迫っていますが

試験勉強、合格のための対策はどうでしょうか?



あと試験日まで
約1ヶ月

ここからの追い込み、得意な分野
苦手な分野があるのかと思いますが

合格のためには

ケアマネ試験「介護支援専門員実務研修受講試験」の勉強では

合格の為の最低点で

合格さえできれば、資格ゲットできますから


試験まで残り時間も少なくなってきた、この時期、不安に押し潰れそうになっていませんか?

試験日まで、 まだ時間がありますので、今からでも十分に間に合います。

資格試験で最も重要なのは、自分自身を信じることです。

「合格できるかな?」「これでいいのかな?」と疑問を持ってやることは良くありません。
不安ばかりが頭に浮かび、勉強が手につきません。

自分を疑いながら勉強しても、身につかないのです。

「合格する」と決断して、「自分は絶対合格できる」と、自分を信じて、勉強に取り組まなければなりません。

勉強しているときは、苦しいですが、 「この苦しさを乗り越えたら、合格できるんだ。」 と信じて、勉強に取り組むことが一番です。

本当に受かるかな、 間に合うかな、 と、いくら考えても答えはでませんので、もう、ここは割り切るしかないのです。

試験は他人との戦いではなく、 自分の弱い心との戦いです。

試験に対して不安に思っているのは、みんな同じです。

でも、それに耐えられた人が合格するのです。

「私はケアマネ試験に合格する!」と決めて、気持ちを静めて、落ち着いて、勉強に集中しましょう。


【東大式記憶術】ケアマネ試験一発合格脳プログラム

効率よく、要領よく

要点を絞った試験勉強したいですよね。


ケアマネ試験に合格するには、
「短期記憶」ではなく、「長期記憶」する必要があります。

「勉強して数日間は覚えていられたけれど、数週間したらすっかり思い出せなくなっている」

こんな経験はありませんか?

これは、せっかく覚えたことが「短期記憶」だったために、
一定期間が過ぎて、忘れてしまったために起こります。

資格試験に合格するためには、
記憶したことを、短期的ではなく長期的に記憶しておかなければいけません。

CDの話では、昔覚えた歌詞がスラスラ出てきていたのに、

5日前の夕飯は何を食べたか?は思い出せない・・・・。

これは、人間の脳は、必要な情報だけを記憶し、
不要な情報は忘れていくようにできているからなのです。

残念ながら、5日前の夕食というのは、多くの人にとって
「絶対に覚えて置かなくてはならない必要な情報」
ではないため、どんどん忘れていってしまうのです。

では、はるか昔に覚えたのに今でも覚えていることは、
なぜ、必要な情報だと判断されて、今でも記憶に残っているのでしょう?

ここに、記憶を「長期記憶」にするためのヒントが隠されています。

長期的に、記憶しておくためには・・・・

実は多くの方がこんな暗記方法を実践されています。

「毎日3ページずつ覚えよう!」

10日で30ページ、30日で90ページ、3か月で300ページ覚えられる!!

こんな風に考えた経験はありませんか?

実は、この方法は、多くの方がやっている必ず挫折する方法なのです。

この覚え方では、詰め込んでは忘れての繰り返しなので、覚えるのがつらくなり、
更に言えば3か月で300ページでは時間のかかり過ぎです。

そもそも、1ヶ月経った頃には1日目に覚えたページのことは忘れてしまっていませんか?

試験に合格するには、短期記憶ではなく、
試験の当日まで長期的に覚えていなくてはいけません。

脳の中には、入ってくる様々な情報の中から、
「長期記憶」に “する” か “しない” 
を判断している 「海馬」という器官があります。

その海馬が「長期記憶」にする情報というのは、
簡単にいうと「数日間に渡って何回も来た情報か?否か?」なのです。

数日間にわたって、というのが重要です。

1日3ページというように、超短時間で何度繰り返しても覚えたことは、
短期記憶にはなりますが、長期記憶にはなりません。

つまり長期記憶にするには、「数日間に渡って」「同じ情報」を脳に送り込めばいいのです。

逆にいえば、何度か繰り返すという作業をしない限り、長期記憶にならないのですね。

だから、「毎日3ページずつ進めて、 3か月で100ページ」なんてことは、
机上の空論であり、 脳が長期記憶する原理的に無理があるということになるのです。

九九の練習を思い出すと、それにぴったり当てはまります。

毎日、毎日、小学校で繰り返し、情報を脳に送り込んだことによって、

脳は「何度も何度も情報を送ってくるってことは、この情報は大事なんだなー」と判断し、
脳の長期記憶である海馬に、その情報を保存してくれたのです。

【東大式記憶術】ケアマネ試験一発合格脳プログラム
posted by ケアマネ at 07:39| ケアマネ試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする