介護支援専門員の業務に従事するためには、毎年1回全国で行われる「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格した後、介護支援専門員実務研修を修了し、各都道府県の介護支援専門員資格登録簿への登録を行い、介護支援専門員証の交付を受けなければなりません。 介護支援専門員証の有効期限は5年
東京の場合
テストの実施機関
(公財)東京都福祉保健財団

2017年01月09日

【2017年のケアマネージャー試験】勉強方法は?アプリでも問題を

求人情報などを確認してみると、「ケアマネージャー」という資格
やっぱり、持っている、持っていないで
応募できる求人があるという事みたいです。

介護業界を目指す人には、スキルアップを考えるなら
勉強する価値のある「ケアマネージャー」資格になりますね。

やっぱり、資格取得だけでなくその先
仕事につながる勉強をして、試験対策したいですよね。

「ケアマネ試験」を受験する人は
仕事、家事、学校などにより
しっかりとまとまった勉強時間を確保するの
難しい状況ってたくさんありますよね。

そこで、効率よく、短期間で
「ケアマネージャー」試験を目指すために

試験までの時間が限られている人にとっては、
勉強効率の良し、悪しが試験の結果を左右するという考え方できますね。

短期間の勉強で、ケアマネ試験に合格するには、
試験の出題方法や傾向に合わせて、攻略的に学習の仕方、覚え方を選ばなければなりません。

そこで、誰でも短期間の勉強でケアマネ試験に合格できるように

開発したのが「東大式記憶術ケアマネ試験一発合格脳プログラム」になります。

2017年こそ、しっかり「ケアマネージャー」試験に挑戦したい人に

ケアマネ試験一発合格脳プログラムって
どのような事でしょうか?

誰でも一から始められる内容になっています。

たった3ステップで
短時間で、効率よく「ケアマネージャー」試験の勉強ができるようになっています。

シンプルなこの3つのステップを、自宅で、通勤中、好きな時間に取り組めば、
ケアマネ試験に合格できる知識をグングン身に付けることができ、
さらにケアマネ試験対策のトレーニングもできるのです。

そのため、2017年こそは、

介護業界での一つのハードル
目標となっている「ケアマネージャー」試験を
合格してスキルアップを目指しませんか?


【東大式記憶術】ケアマネ試験一発合格脳プログラム

正しい勉強法で、
ケアマネ試験に取り組むことで、あなたはケアマネ試験に合格できるでしょう。

ケアマネ試験勉強をもとに、ケアマネ式アプリを使って、
実際に問題を解くことでアウトプットしていきます。

携帯電話、スマートフォンでも、手軽にできるアプリとなっているので、
いつでも好きな時間に、ちょっとした合間にも、どこでも、問題を解いてみましょう。

そして、毎日の隙間時間で、
インプットとアウトプットを繰り返し実践することで、
いつの間にか「長期記憶」に保存されていくのです。
posted by ケアマネ at 13:09| ケアマネ試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする