介護支援専門員の業務に従事するためには、毎年1回全国で行われる「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格した後、介護支援専門員実務研修を修了し、各都道府県の介護支援専門員資格登録簿への登録を行い、介護支援専門員証の交付を受けなければなりません。 介護支援専門員証の有効期限は5年
東京の場合
テストの実施機関
(公財)東京都福祉保健財団

2016年05月04日

【ケアマネージャー試験勉強法】2016年合格に「アプリ」を使って

【ケアマネージャー試験勉強法】2016年合格に「アプリ」を使って効率よく勉強できます。
東大式・・というと、難しく感じてしまうかもしれませんが、
要するに、ケアマネージャー試験に合格するための「記憶方法」や「考え方」に沿って勉強を進めたのです。
「戦略に沿ってケアマネージャー試験対策の勉強をする」ことの、その効果は絶大です。

もし、あなたが以下のようなケアマネージャー試験勉強をしているのであれば
・参考書をとにかくノートに書いて覚える
・単語帳を持ち歩いて丸暗記する
・専門用語は毎日10個ずつ覚えれば大丈夫だと思っていた。
・勉強した時は暗記できていたのに、数日後には思い出せない。
・しっかり覚えながら進めていたので、とにかく時間がかかる。
・参考書を最後まで勉強したが、最初の方のページはすっかり思い出せなくなっている。


この東大式記憶術を使ってケアマネージャー試験勉強することで、
その絶大な効果を目の当たりにするでしょう。




ゆっくり机に向かって勉強できない時でも、どこでも記憶ができるよう、
様々なツールを準備しています。

具体的には、テキストを読みながらCDを聴きまくってください。
テキストの内容はすべてCD6枚に入っています。

通勤中や、運転中、家事をしている最中は、CDを聴くだけでも構いません
集中しながら聞いてもいいですし、忙しい時は聞き流しても構いません。

そして、隙間時間ができたら今度はアウトプットします。

テキストの内容を、書き写す?
いえいえ、そんな時間がかかることはいたしません。

インプットした情報をもとに、ケアマネ式アプリを使って、
実際に問題を解くことでアウトプットしていきます。

携帯電話、スマートフォンでも、手軽にできるアプリとなっているので、
いつでも好きな時間に、ちょっとした合間にも、どこでも、問題を解いてみましょう。

そして、毎日の隙間時間で、
インプットとアウトプットを繰り返し実践することで、
いつの間にか「長期記憶」に保存されていくのです。


【東大式記憶術】ケアマネ試験一発合格脳プログラム

【東大式記憶術】ケアマネージャー試験一発合格脳プログラムは、何も難しいことはありません。
誰でも一から始められる内容になっています。
おおまかに言うと、次のたった【3つのステップ】をやってもらうだけです。

「短時間でも効率よく学べるのは簡単「3ステップ」だから!!」

【ステップ1】
徹底的に分かり易い教材でケアマネージャー試験の概要を理解する。
【ステップ2】
繰り返し聞くだけでケアマネージャーの知識を短期記憶する。
【ステップ3】
東大式ケアマネージャー専用記憶術アプリで長期記憶する

たったこれだけです。
シンプルなこの【3つのステップ】を、自宅で、通勤中、好きな時間に取り組めば、
ケアマネ試験に合格できる知識をグングン身に付けることができ、
さらにケアマネ試験対策のトレーニングもできるのです。
posted by ケアマネ at 07:00| ケアマネ試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする